あ、この官能小説なんか面白い。。と思ったらそく本棚行き♪携帯サイトでよく読んでるんですけど、意外に面白い作品がいっぱいで衝撃を受けました。本棚にはどんどん作品が溜まっていってます(笑)。

2016年11月29日

テンションが上がらない日には

Category: 手の中 — admin @ 12:18 AM

これと言った原因もないのにテンションが上がらない日が続く時がたまにあります。そんなであっても、お仕事に影響を及ぼしてはいけないから、いつものように過ごしているんだけど、胸の内は元気なときとは全く違います。なんとなくどんよりしてるっていう言葉がピッタリです。「どうしたんだ、私」って叫びたくなります。そして、今、まさに真っ最中です。
以前、ストレスが溜まったときには、思いっきり泣くか、思いっきり笑うかって書かれたコラムを読んだことがあります。涙を流すことも声を出して笑うことも、精神的にはすごく良くて、ストレス解消になるって。だから、そんな小説も持っています。けど、今の「どんより」には、どうも効きそうにありません。なぜなら、ストレスが溜まってるという感じじゃないと思うからです。自分で納得いくような毎日が送れていないことが原因かもしれません。それもはっきりとしていないんだけど、なんとなくそう思うっていう次元です。困ったものです。
こういう時には、どうしたら一番良いのか……それは友人と美味しい物を食べて、おしゃべりをすること。相手は男性ではダメです。男性は結論づけますから。前に本で読んだように男性脳と女性脳は違います。アドバイスや指示などがない、共感のみの女子同志の他愛ないおしゃべりこそが、自分で何かを見つけるキッカケになるんです。
そうでした、そうでした!友人を誘って何か美味しい物を食べに行こう!ほら、考えただけで少し気持ちが上がってくるんです。不思議ですね。

2016年11月14日

写真から匂いが……

Category: 手の中 — admin @ 7:57 PM

この前読んだタウン誌は、焼き鳥や焼き肉が特集されていて色んなお店が載っていました。なかでも、取り上げられてたある駅の周辺には沢山のお店がありました。そうなんです。そこって、ホームに立っていてもいい匂いがするんですよね。ちらちらとネオンや看板も見えます。賑わってる人々の気配もわかります。おなかが空いている時には本当に罪な駅なんです。今までに友人と何度かは行ったことがあるところもありますけど、もちろん、知らないところがほとんどです。周辺にこんなに沢山のお店があるんだと改めてビックリしました。そして、そのタウン誌の写真を見ていたら、いつものいい匂いを思い出しました。まるで、その写真からその匂いが流れてきているかのように。それは、香ばしい、少しニンニクが効いた、甘辛い、ビールが欲しくなる匂いで、俄然食欲をそそります。「わぁ、たまらない」と思いながらページをめくっていたら、なんとクーポン券がついているではありませんか。さすが上手く出来ています。その記事にクーポン券、そりゃ行ってしまうでしょ。しばらく焼肉を食べていない私は、クーポン券をいつ使おうかと今、友人を誘って予定を調整中です。それまでは、タウン誌を眺めて匂いを感じ、駅のホームで「罪だなぁ」って思う日々を過ごします。

2016年10月30日

夏目漱石だって……

Category: マイ文庫 — admin @ 5:19 PM

この前、夏目漱石についての記事を読んでとっても面白かったんです。夏目漱石って、あの髭をはやした写真が有名だから、あのイメージで出来上がってしまってるんだけど、その記事には彼の18歳の頃のことが書かれていたんです。18歳の姿なんてとても想像できないって思ったんだけど、誰だって若い時はありますよね。もちろん子ども時代だって。若かりし頃の夏目漱石の青春を謳歌している様子です。仲間と一緒に東京を出発して江の島まで徒歩で遠足に出かけたっていうんです。明け方に出発して目的地近くまで行ったけど到着できずに砂浜の上で寝て、夜が明けてから江の島に渡ったって。結局24時間以上経ってるんです。そして、もちろん帰りも徒歩です。駆け足で東京を目指したって書かれてたから、帰りになっても元気だったってことです。いつもの写真からは想像できないです。なんてアクティブな! その記事を読んでいると、わいわいとみんなで楽しんでる声が聞こえてくるような気がしました。昔の文豪の人って静かな印象だったけど、全然違っていました。普通の若者、いや普通以上にパワーのある若者だったんですね。そんなパワーを持っているからこそ、素晴らしい物語を書くことができたのかもしれません。けど、私の中での印象が180度変わったことには違いありません。イメージが変わったところで、これは夏目漱石の本を読んでみなきゃって思っています。

2016年10月15日

それはもう趣味ですね

Category: 手の中 — admin @ 12:40 AM

時々、職場の人たちとの飲み会に参加します。気兼ねない女子会も楽しいけど、男性も何人か混ざってると、お話の幅が広がってとても楽しいです。たまには、男性と女性の考え方の違いに、「これは永遠に平行線だな」って思うこともあるけど、それはそれで愉快です。
そんな飲み会ですけど、先日は、居酒屋さんじゃなくて中華料理屋さんでした。上司と仲の良い取引先の人が一緒だったから、いつも行くお店ではなかったのかもしれません。みんなで中華料理というのも珍しくて、ちょっとウキウキでした。
いつもだけど、男性陣は乾杯の前にウコンを飲むんです。それを飲むと悪酔いしないらしいです。そのとき上司が少し前に会った会社の社長さんのお話をしたんですけど、それが驚きの内容でした。上司いわく「食事の前に薬を50個くらい飲んでた」って。みんな「えー!」って声を上げてしまいました。クロレラとかグルコサミンとかビタミンって言ったから、おそらく薬と言うよりはサプリメントだと思うんだけど、それにしても凄すぎます。50個って。今までに雑誌や本でサプリメントの効果を読んだことがあるけど、そこまでいったら、もうそれは趣味の域ですよね。体に良いと言われているものは全部飲んでるのかなって感じです。私はそんな記事を見かけたら「いいのかも」とは思うけど、自分の中での優先順位が低くて飲んでいません。みんなも、ウコンは飲むけど他のものは飲んでいませんでした。だからもう、その日の飲み会のスタートは、とにかくその話題で持ちきりでした。でも、もしかしたら、その中の誰かは何かサプリメントを飲み始めてるかもしれませんけどね。

2016年10月1日

疲れた日には音楽を

Category: 手の中 — admin @ 1:27 PM

誰でもたまに疲れて何もしたくない時ってあると思います。それだって、単に体が疲れている場合と心が疲れている場合があります。体の方は、栄養ドリンクを飲むとか栄養満点で美味しいお料理を食べるとか、そうすれば回復することが多いでしょう。でも、心の方はやっかいです。その原因も色々だと思います。沈んだ気持ちを無理に持ち上げようとしても、それはなかなか難しいものです。元気になれる本もあるんだけど、それを読む気力さえなくしていることもあります。
そんな時には、音楽を聞くのがオススメだという記事を先日読んだんです。そこに、いくつかの歌がピックアップされていました。知っているものも知らないものもありましたけど、確かに音楽を聞くのは良いように感じます。何にもしないでソファにもたれて聞くのもよし、ベッドで横になってるのもよし、車を運転しながらや電車に乗りながらでもいいでしょう。その旋律だけでも心に沁みて涙が溢れ出すことがあります。また、その歌詞が響くことも多いです。そこに自分自身を映しながら、歌詞の内容に元気がもらえたり、考え方が変わったりすることもあるんじゃないかな。私も今までに、「そうだよね」って気持ちが明るくなったことがあります。よく『音楽は世界共通』だと言いますもの。それだけ、強く心に語りかけるものなんですね。
心が疲れたなって思ったら、音楽を聞くのが一番の薬ですね、きっと。

2016年9月18日

たまに食べると美味しい物

Category: 手の中 — admin @ 1:06 PM

毎日は食べないけど、たまに食べるとすごく美味しい物ってありますよね。その代表が、私の中では『卵かけごはん』です。家ではもちろんだけど、たまに外食の時に食べたりすると、もう止まらなくなることがあります。あとは、カップ麺や袋麺の中でも、ずっと昔からある、あまり高級志向でないもの。今は、『即席めんとは思えない』っていうものがどんどん進化して発売されているけど、たまに、そうじゃない明らかに即席めんっていう感じの物が食べたくなったりするんです。不思議です。
先日、雑誌の記事で、家で作る手軽なお寿司の特集というのを見かけました。その中で『変わりいなりずし』っていうのがあったんですけど、ホントに可愛らしくて心を奪われました。『いなりずし』も私の中では、たまに無性に食べたくなる物の一つです。お店で買っちゃうこともあるけど、自分で作ることもあります。けど、いたって普通のいなりずしを作っていました。その記事には、味を付けた薄揚げにご飯を詰めるんだけど、あえて中が見えるように詰めるとキレイで可愛いって書いてありました。実際にその写真もすごく可愛かったんです。そのうえ、具はすごく簡単でした。梅干しにシラス、たくあんに枝豆。これだけなのに、とってもオシャレなんです。枝豆は冷凍のものがあれば、すぐです。
『いなりずし』って、普通は中のごはんが見えないんだけど、あえて見せるのもステキだなって思いました。すぐにでも、食べたい気分だったんだけど、まだ実現できていません。けど、材料もすぐに揃えられそうです。近いうちに必ず作ろうっと。あ、これ、お弁当にもいいかも。

2016年9月3日

サクサク読めちゃった

Category: マイ文庫 — admin @ 12:16 AM

私は寝つきの良い方で、たまに自分でもビックリするくらいすぐに寝落ちすることがあります。いつものように寝る前に少し本を読んで眠くなったら、そのまま「おやすみなさい」となるわけですが、日によっては早めに読書を切り上げて、もう少し夜を楽しもうとスマホでラジオを聞くこともあります。けど、ラジオの方は、たぶん聞き始めの数分で眠っていると思います。朝にその内容をまったく覚えてませんしね。夜中に一瞬目が覚めたら、イヤホンを外してラジオを止めて、また寝ます。それなのに、先日は夜中にトイレに行きたくなって目が覚めて、その時に私が寝てから届いた友人からのメールを見たんです。で、とりあえず返信をして、いつものようにまた寝ようと思ったら、どうゆうわけか目が冴えちゃって寝れなくなったんです。友人のメールが少し気になったということもあるんだけど。まったく眠れそうにないから、これはもう本を読むしかないと電気を点けました。自分の中では、読んだら、おそらく眠くなるだろうという予想のもとにそうしたんですけどね。それが、意外にも全く眠くならなくて、小説がもうサクサク読めちゃったんです。もちろん、時間は確実に過ぎて行きました。ようやくウトウトしたのは、もう明け方だったかと。小説の続きが読めたのは良かったんだけど、次の日の長かったこと。大失敗でした。今度、あんなことがあったら、英会話のスピーチでも聞くことにします。たぶん、すぐ寝ると思いますから。

2016年8月19日

最強の眠気覚まし

Category: 手の中 — admin @ 10:49 PM

先日、どうしても眠くて眠くて仕方のない日がありました。朝からなんとなくボーっとしてるなって感じてはいたんだけど、そんなに眠くなるとは思いませんでした。仕事をしていても、ずっと何となく眠いって感じでした。そして、お昼ご飯を食べた後には強烈な睡魔が……。いつもならランチの後は少し本を読んだりもするんだけど、とても読めそうにありませんでした。コーヒーのカフェインが眠気に良いというのはよく聞きますよね。けど、私はいつも飲んでるからかコーヒーが効くとは思えないんです。夜寝る前にも飲んじゃいますけど、平気で眠れますしね。そしたら、職場の読書好きの友人が教えてくれたんです。眠気覚ましの方法を雑誌で読んだことがあるって。もちろん、第一位はコーヒーなんだそうだけど、チョコレートもすごくいいんだって。だから、ランチの後に、コーヒーとチョコレートが最強じゃないかって。いいじゃないですか、その組み合わせ。大好きペアです。そして、即その組み合わせにトライです。確かに効きました。目が覚めましたもの。でも良く考えたら、チョコレートを食べる前に一瞬で覚めた気がするんです。そう、彼女からその情報を得た瞬間です。「えっ、チョコレート?本当に?」って思いがけない事実が刺激になったみたいなんです。
眠気覚ましには色んな食べ物や飲み物があるみたいなんだけど、やっぱり、アッと驚く内容のお話が最強かもしれません。「宝くじ当たった」とかね。

2016年8月4日

一番美しい言葉

Category: 手の中 — admin @ 12:13 AM

ある記事を読んですごく心が動きました。それは、「ありがとう」という言葉についての記事です。そこには幸運を引き寄せる言葉だと書いてありました。ほんとにそうですよね。「ありがとう」って言われた人も言った人も絶対に幸せな気持ちになると思います。みんながいつも幸せな気持ちでいられたら争い事だってなくなりますものね。職場に本当にいつも感謝の気持ちを伝えている人がいます。いつもその人を見習おうと思ってるんだけど、それでも、つい言いそびれてしまうことがあります。言葉ってタイミングを逃すと言えなくなってしまいます。私は勇気を出して、「さっきはありがとう」なんて言ったこともあるけど、やっぱりこれじゃダメだって思いました。その時に言わなくっちゃね。
車で走っていても幸せな気持ちになることがあります。コンビニやガソリンスタンドから出て来る車に道を譲ったりしたとき、その車がハザードランプをチカチカチカって点滅させてくれたら、「ありがとう」って言ってくれてるってわかります。もちろん、自分が譲ってもらった時にもそうしています。その時には、ハザードランプが言葉です。
「ありがとう」は日本語で一番美しい言葉だと言われています。幸運を運んでくる美しい言葉、もっともっと声に出して言っていこう。

2016年7月20日

大当たりの日

Category: 手の中 — admin @ 9:34 PM

この前のお休みの日はとってもいいお天気でした。こんな日はお布団を干さなきゃってハリキッて枕もいっしょに干しました。でも、天気予報では午後からは下り坂ってことでしたけど、とてもそうは思えませんでした。きっと、その日は外れるなって思ってたんです。けど、念のために、お昼すぎには取り入れようと心に決めていました。雨がキライな私は、晴れてる午前中に外出して用事を済ませて、午後は家でのんびり読書を楽しもうと思っていました。順調に用事をこなして、ショッピングモールでちょっと何か甘い物でも買って……なんて思っていたら、久しぶりに大学時代の友人に会いました。「元気?」ってお互いに近況報告をしあって、「ちょっとお茶でもする?」ってことになったんです。学生時代の友人は社会人になってからの友人と違って、しばらく会ってなくても一気にその存在が近くなるから不思議です。近況報告の後は、誰々さんは今こんなことをしてる、とか、誰々さんに最近会ったとか他の友人の話になります。だから、あっという間に時間が過ぎてしまうんですよね。「また今度、あの人にも声をかけて集まろう」なんて話で盛り上がって、彼女と別れました。そして、ショッピングモールから出てビックリ。土砂降りの雨。うっそー!そうなんです。お布団が……。急いで帰りましたけど、私のお布団と枕がどうなっていたかは言うまでもありません。天気予報は大当たりでした。